津田体育専門学校 津田スポーツクラブ

ごあいさつ

  • TOP > 
  • 学校紹介 > 
  • ごあいさつ

ごあいさつ

津田学園中学校・高等学校は、中高一貫の強みを活かした、
夢への準備がいち早くはじめられる場所。
ここには、夢へとみちびき、明るい未来を拓いてくれる、
豊かな学びの環境が整っています。

変化から進化へ 進化から深化へ

本校では建学の精神である「津田の夢・津田の信念・津田の友情」の具現化のために、様々な取り組みに挑戦しています。「主体的・対話的で、深い学び」を実現するアクティブラーニング型授業は、従来の授業の良さを活かしながら一つひとつの授業のねらいを明確にし、それを教師と生徒が共有するところから始まります。授業後のリフレクションシートによって次の授業の課題が明らかとなり、今、何が生徒にとって必要かを理解したうえで次の授業を迎えることができます。また、充実したICT機器の設置が日々の授業でも十分に活用され「教え合い、学び合う」姿勢をサポートしています。今回の新型コロナウィルスによる休校時においても、いち早くネットを使ったSHRや双方向型の遠隔授業を実施することができました。「グローバルマインド育成プログラム」では、英語村での研修や英語キャンプ、オーストラリアでのグローバル研修など様々なプログラムを実践し、高い英語力を身につける体制を整備してまいりました。その成果の一つとしてIIBCが主催している「高校生英語エッセイコンテスト」において本校生徒がダブル受賞を果たすなど、着実に成果があがっています。また、グローバルな視点を持つためには日本の伝統文化などに親しむことも必須です。「アカデミア津田」では学外の英知による出前授業だけでなく、狂言や人形浄瑠璃、邦楽などの体験や鑑賞を通して実践的で深い学びを推進しています。さらに文部科学省の「我が国の伝統や文化に関する教育の充実に係る調査研究」にも参画し成果を上げています。加えて、新たに導入される「総合的な探究の時間」を前倒しで開講し、探究発表会を全校で開催するなど「整理・分類」したものを「まとめ・表現」する力の育成にも注力しています。中学校課程においても平成30年度から「探究基礎」講座を開講しています。このように生徒たちは自己の在り方生き方を考えながら、よりよく課題を発見し解決していくための資質・能力を育んでいます。このような取り組みの結果、今春の卒業生は東北大学、北海道大学などの難関国立大学に合格するなど大学入試でも成果をあげています。変化を恐れず果敢に挑戦し進化し続ける津田学園中学校・高等学校(六年制)にご期待ください。

津田の夢 津田の信念 津田の友情
学校長 寺本 豊