教育方針

  • TOP > 
  • 学校紹介 > 
  • 教育方針

3つの教育方針

「読む力」「書く力」「計算力」「表現力」の4つの力を育て、確かな学力を培います。学ぶ楽しさ、わかる喜びを伝え、学習意欲の向上を育成します。

ものごとを五感で捉える「実体験」を通し、心身ともに豊かで、前進するための原動力、前向きに生きる力を養います。

「あいさつ」「しつけ」「道徳心」「コミュニケーション能力」をしっかり身につけ、これからの社会を担う確かな人間を育てます。

確かな学力

「読む力」「書く力」「計算力」「表現力」の4つの力を育て、確かな学力を培います。
学ぶ楽しさ、わかる喜びを伝え、学習意欲の向上を育成します。

初等教育は、確かな学力を身につけるための重要な基盤となります。低学年では、多彩な教育内容で学習への興味・関心を引き出し、高学年にはさらに深化した学びを展開して学力の伸長を図ります。
豊富な授業時数や教科担任制など、質・量ともに充実した教育体制で真の学力の育成をめざします。

確かな学力を養う5つのポイント
01
基礎学力と発展的学力の向上

主に4年生までを「可能性を引き出し、伸ばす期間」と位置づけ、多様な教育内容を実践することで、学習に対する興味や関心、一人ひとりのよさや可能性を引き出しながら基礎学力を定着させます。
5年生以上は「夢を実現させる期間」と位置づけ、発展的な学力を身につけさせるために学習の深化と拡充を図ります。そして児童の適正と希望する進路に応じた指導を行います。

02
年間授業時数の確保

本校では、年間42週の授業週数を確保し、約200日の登校日数を実現しています。また、第1学年から、毎日5限授業を実施しているため、年間の授業時数は約1,000時間となります。
学習指導要領上の第1学年の登校週数は34週、年間授業時数は850時間が標準です。この授業時数の差が、多様な教育実践や独自のカリキュラムを可能にし、授業に「深さ」と「広さ」、そして「ゆとり」を生み出します。

03
教科担任制の採用

教師の専門的知識や技能を最大限に活かせる「教科担任制」を中心とした教授システムを採用しています。教科担任制は、児童にとってよりわかりやすく、より深く理解のできる授業の形態であり、さらに一人ひとりが多くの教師と接することにより、様々な人間関係を築き、幅広い社会性を育むことができます。
また、水泳指導・書道指導・礼法指導などの特別指導も専門家による指導体制を実現しています。

04
継続的な「読書の時間」と「計算の時間」

毎朝30分間の「朝の会」の中には「読書の時間」と「計算の時間」を組み入れています。全ての学習の土台となる「読む力」と「計算力」と学習に対する態勢や基礎学力を養うため、これらを毎日継続し積み重ねます。「読書の時間」では、ただ単に「自分の好きな本を読む」という形態ではなく、読み聞かせや音読、群読など本や名文に馴れ親しむことのできるような内容になっています。

05
特別学習指導プログラム

4年生からは、月2回の「土曜講座」のほか、夏期や冬期、春期の長期休暇を利用した「特別講座」を実施します。いずれも中学受験対策を視野に、国・算・理・社の4教科を中心に授業の内容を深く掘り下げる発展的な講座を開講、確実な学力向上をめざします。
さらに、1コマを4年生は60分、5・6年生は80分とし、量、質の両面から受験に必要な集中力を養います。希望者は全員無料で受講することができます。

土曜講座 時間割例
1 9:00〜10:20 (80分) 社会
2 10:40〜12:00 (80分) 算数
夏期講習(2週間)、
冬期・春期講習(1週間) 時間割例
1 9:00〜10:20 (80分) 理科
2 10:40〜12:00 (80分) 国語
12:00〜13:00 昼休み
3 13:00〜14:20 (80分) 体験学習

探究心の追求

ものごとを五感で捉える「実体験」を通し、
感性を豊かにし、学力へと結びつける
指導をしています。

本校では四季に彩られた豊かな自然環境をフィールドに、自然観察や近隣地域への社会見学といった体験型の学びを通して、子どもたちの豊かな感受性を育んでいきます。
五感をフルに使った自然とふれあう多彩な学習活動や行事を通じて実体験に基づいた実践的な学びを形成します。

探究心を養う3つのポイント
01
実体験を重視した体験学習

本校では、教育活動の中に実体験を重視した学習を多く取り入れています。「生活科」や「理科・社会科」は、身の回りの生活や自然・社会とのかかわりが深い教科です。緑豊かな自然に囲まれた本校の立地条件を活かした自然観察や、近隣地域への社会見学など実体験重視の授業を行っています。特に「農と食」に関する体験学習が多彩で、米・トマト・イチゴ・さつまいも・大根・ゴマ・しいたけなどの農作物を各学年ごとに栽培しています。
また、農作物を収穫するだけに留まらず、稲穂がごはんになるまでの課程を手作業で体験したり、ぬか漬け・梅干などを実際に自分たちで作るなど、日本人が昔ながらの知恵で育んできた「農と食」についての知識関心を深めながら、農作物のある暮しの楽しさを実感させます。
机上の学習では得られない現実や事実と向き合い、ものごとを五感で捉える「実体験」を通して感性を豊かにし、学力に結びつける指導をしています。

02
抜群の自然環境で、豊かな心を

桑名市の郊外にある津田学園小学校の周りには、四季を感じることのできる豊かな自然があふれています。春には学園のキャンパス全体が桜の花に包まれ、夏には樹林や草木が青々と茂り、昆虫たちの楽園となります。秋には栗やどんぐりの実がたわわに実り、木々は見事な紅葉色に染まります。
本校の恵まれた自然環境に包まれて過ごす学校生活は、おおらかな心と感性豊かな五感を育みます。

03
心と体を大きく成長させる学校行事

行事が単にイベントだけで終わることなく、事前指導による興味づけや動機づけ、事後のまとめに至るまでの系統的な指導を心がけ、より心に残る学校行事を実践しています。

PICK UP

海の学校1年生

近郊の干潟に出向き、貝類の採集や、小魚、ゴカイなどの観察を行います。さまざまな海の小動物に触れることにより、海に住む生き物に興味や関心を持たせ、自然科学の基礎学力を培うことを目的としています。

山の学校3年生

自然豊かな鈴鹿山系で、さまざまな野外プログラムを実施。協力して課題を解決するイニシアティブゲームや、マスの調理体験、ハイキングなど仲間との絆を深めるとともに、自然のすばらしさや厳しさを体感します。

汐の学校3年生以上

三重県南部の美しい海を舞台に2泊3日で実施。海水からの塩作り、船釣り体験など「海の恵み」や「海と人との関わり」をテーマに繰り広げられる奥の深い直接体験が探究心を養います。
(希望者のみ参加)

English Camp3年生以上

2泊3日の日程で英語漬けの日々を過ごします。外国の人とのコミュニケーションに慣れ、自分たちの英語が通じることを実感させることが大きな目的の一つです。
(希望者のみ参加)

EnglishCamp

雪の学校4年生

世界遺産の合掌集落がある白川郷やその周辺の山々で、さまざまな雪にまつわる体験学習を実施。雪山をスノーシューで散策して動物の足跡を探したり、冬の星空を観察するなど、子どもたちの理科的な知的好奇心を満足させる行事です。

歴史の学校6年生

修学旅行にあたる「歴史の学校」では、歴史上の日本の首都を巡る旅として、奈良を皮切りに京都、東京の名所旧跡を訪ねてまわります。6年間の最後を飾るに相応しい旅となっています。

道徳心の育成

これからの社会を担う、確かな人間力の基礎を養っていきます。

家族・地域・国・他者・自己を愛し、正義感を持って正しい道を進む勇気を養うこと。
世界の中の日本を意識し、日本の伝統や文化を大切にして次代へ継承すること。
礼を重んじ、自らを律する強さを育むこと。
こうした高い人間力の育成と、他者や異文化と「対話」できるコミュニケーション能力を養成し、人としての確固たる基盤を築きます。

道徳心を養う3つのポイント
01
躾の徹底

本校ではあいさつを何よりも大切にしています。また学習態勢を確立するため、授業や学校生活での規律を明確にしています。授業は礼に始まり礼に終わります。発表や質問の仕方、その場に応じた言葉遣いや声の大きさなど、授業を集中して受けることができるよう、こうした規律を大切にした指導を重視しています。
また、給食など授業以外の学校生活においても、マナーやルールを明確化し、児童が主体的積極的に取り組めるよう促しています。

02
自他を愛する心の涵養

歴史から学び、日本人としての誇りがもてるよう、独自のカリキュラムにより系統的な道徳指導を行います。家族、郷土、国、他者、自分を愛する心を育み、正義感や勇気、そして正しい歴史認識を重視しています。
日本の伝統文化や伝統行事を大切にし、礼法や作法の指導、座禅や茶道の体験、毎年恒例の餅つき大会なども実施しています。

03
豊かな表現力と高い
コミュニケーション力の育成

本校の授業は「教師から子どもへの一方通行」ではありません。自分の「考えを持ち」「発表し」「話し合い学び合う」授業を展開します。
一人ひとりが感じたことを、自ら考え発表することで「論理的思考力」と「表現力」が培われ、同時に他人の考え方について理解を深め、「コミュニケーション能力」を身につけることも可能となります。

日本古来の伝統文化や伝統行事を大切にし、 さまざまな体験学習や指導を実施しています。

礼法

礼法の授業では、基本的な生活習慣(躾)の確立をめざし、礼(おじぎ)の仕方、物の受け渡し方、衣類のたたみ方やしまい方などを学びます。日本人の心構えや日本の文化そのものを学ぶことにもつながっています。すべての授業の始まりと終わりのあいさつに、礼法で学習したお礼を実践しています。

座禅体験

年に1回、全学年が座禅を体験します。座禅体験を通して、心を落ち着かせる時間を持つことができます。現代生活においてそういった時間は皆無に等しいと言えます。ただ座り、雑念を取り払う時間は子どもにとってはとても新鮮な体験です。警策を受けることも進んでやっていますので楽しみの一つのようです。

餅つき大会

毎年12月には、日本の代表的な伝統行事の餅つき大会を行います。
もち米がお餅になる過程を楽しく体験でき、お米を主食とする日本人と食との関わりについて学ぶよい機会ともなっています。親子で参加できる行事として、毎年楽しみにしています。