現在表示しているページ
学校法人津田学園 総合トップページ>お知らせ

お知らせ

津田学園小学校の4年生が「雪の学校」に行きました。

2015年1月21日


4年生の体験型宿泊行事である2泊3日の「雪の学校」に行きました。目的地は岐阜県の北部、世界遺産の白川郷合掌集落とその周辺です。中部地方でも有数の豪雪地帯である白川郷の周辺で、雪と冬の自然をテーマにした体験学習の3日間を過ごしました。
初日はまず合掌集落の見学を行いました。築数百年の歴史を持つ合掌造りの街並みを1時間ほどかけて散策しました。そして雪をテーマにしたプログラムの1つ目「雪の灯ろう作り」を行いました。ホテル脇の3m以上も積もった雪の壁を利用し、1人1つづつ雪の灯ろうを作りました。夜になって灯ろうにろうそくを灯すと、辺り一面が幻想的な明かりに包まれ、素敵な空間になりました。

2日目は「雪の森ウォーク」と「スノースライダー」でした。「雪の森ウォーク」はスノーシューを履いて雪の森を散策する活動です。雪の中でウサギやテンになった気分で散策しました。「スノースライダー」は広大な広場の下り坂を使ったそり遊びです。50m以上もある長い下り坂をソリや大きなタイヤチューブで豪快に滑り降りました。みんな満点の笑顔がはじけていました。
夜も雪の森に出掛けました。真っ暗な暗闇に包まれた雪の森の神秘的な雰囲気の中で、ろうそくだけを灯してこの日一日を振り返るボンファイヤーを行いました。

最終日は雪上での大運動会を行いました。雪上で行うビーチフラッグスのような「スノーフラッグス」と、雪を高く積み上げる「雪積み合戦」、そして「雪上リレー」の3種目で班対抗戦を行いました。ほとんど圧雪していない深雪はまったく思うように走ることができず、みんな相当苦戦していましたが、豪華賞品を目指して懸命に取り組みました。
運動会の間ずっと降り続いていた雪は、よく見ると結晶の形がはっきりとわかる雪でした。ウェアやグローブに落ちた美しい六角形の模様も観察することができました。

3日間の「雪の学校」では、普段味わうことのできない冬の自然の美しさや、雪国の暮らしなどを学習することができました。また2泊3日の集団生活を通して多くのことを学びました。またひとつ成長できた3日間になりました。


お知らせの一覧へ戻る

  • 津田第一幼稚園
  • 津田第ニ幼稚園
  • 津田第三滝幼稚園
  • 津田第桑名幼稚園
  • 津田第大山田幼稚園
  • 津田学園小学校
  • 津田学園中学校・高等学校
  • 津田学園高等学校
  • 津田体育専門学校
  • 津田スポーツクラブ
  • 津田情報ビジネス専門学校
  • 進学塾津田学園
▲ ページ上部へ