津田学園高校

クラブ活動

男子バスケットボール部

チームスポーツを理解し、バスケットボールが大好きで、ボールゲームを楽しむことがチームコンセプトであり、「チームがどう取り組んだ」かが勝負だと考え日々活動しています。 バスケットボールを生活の中で機能させ、充実した高校生活を送る次のステップに「自信」と「力」をつけて進ませてあげたいというのが顧問の願いです。津田のバスケットボールの特徴は「シュートと瞬間にこだわる」です。そのことを武器に勝負しています。

活動内容

活動日

月曜・火曜・水曜・金曜・土曜・日曜

活動時間

平日は17時00分~19時00分

活動場所

津田学園総合体育館アリーナ

活動目標

全国で通用する個人技術、チームの戦術を鍛える。進路の実現を目指し、クラブと学業の両立をはかる。バスケットボールがもっと好きになるように、ボールゲームを楽しめるように、チームスポーツを理解し努力できるプレーヤーを育てる。

部員数・スタッフ

部員数

1年生:5人  2年生:13人  3年生:10人  計:28人

主な実績

2014年

三重県高等学校総合体育大会バスケットボール競技 地区予選1位・県大会5位

三重県高校新人大会バスケットボール競技 地区予選5位・県大会3位

東海高校新人大会バスケットボール競技出場

三重県高校バスケットボール大会1年生大会3位

2015年

三重県高等学校総合体育大会バスケットボール競技 地区予選5位

2017年

三重県高等学校総合体育大会バスケットボール競技 ベスト8

2018年

三重県高校新人大会バスケットボール競技 県大会4位

2019年

三重県高等学校総合体育大会バスケットボール競技 地区予選4位

中学生へメッセージ

高校を出てからの力になれるように「今」を鍛えています。高校から大学等へ、つないでやれるよう指導をしています。卒業生に教師や指導者を目指す人が多くいます。子どもたちの持っている力を最大限に引き出し、チームが機能し戦う集団となって勝負することを目指しています。

クラブ生の主な進路先

三重大学教育学部、三重大学工学部、立命館大学経済学部、立命館大学理工学部、玉川大学文学部、名城大学理工学部、茨城県立医療大学作業療法学科、佛教大学国文学部、愛知大学経済学部、愛知学院大学心身科学部・経済・経営学部、 東海学園大学健康科学部、帝京大学経済学部、大阪体育大学体育学部、味の素株式会社、アイシンAW など

活動風景