津田情報ビジネス専門学校

新着情報

新着情報

情報格差

2018年6月1日

皆さん、情報格差(ディジタルデバイト)という言葉を聞いたことがありますか?

ひと昔前、パソコンがある家、ない家、もしくは携帯電話を持ってる人、持ってない人、

数年前だとスマートフォンを持っている人、持っていない人・・・・ という差によって得られる情報に格差が生じることです。

僕も小学校低学年の頃は家にパソコンがなかったので、パソコンを持っている友だち同士の会話に入れず、悲しい思いもしました・・・(;_;

 

しかし今ってそのような格差はないですよね?

ほとんどの人がスマホを持っていて、すぐに自分知りたい情報を入手することができます。

「情報格差」というのはもうほとんどないと言えるでしょう。

では、今生じている格差は・・・?

 

「情報を使いこなす能力」の格差です。

 

今やスマホやタブレット、PCで何でも調べることができるので、知識がなくても生きていけますし、仕事をする上でも困りません。

しかしそれは、飛び交っている情報を正しく見極め、正確に扱うことができればの話です。

「分かりません。」「知りません。」「できません。」はもう通用しない時代になっています。

分からないことは日頃から調べましょう。それが訓練になり、何が正しい情報で、間違っている情報なのかを判断できるようになります。

そして得た知識を自分のものにする。毎回同じことを調べるのではなく、次はもう調べなくても分かる。という意識を持つことが大切です。

 

最近はこのような能力の差が出始めてきています。

非常に便利になったこの世の中で勝ち抜くためには「情報を使いこなす能力」が必須になってくるでしょう。

そして、自己解決能力へと変換することが理想ですね。

新着情報一覧へ戻る

カテゴリー一覧