津田情報ビジネス専門学校

新着情報

新着情報

【資格紹介】ITパスポート

2018年5月31日

皆さん、ITパスポートという資格をご存知でしょうか?

この資格は本校のコンピュータビジネス科でメインで指導している資格の一つで、今回の記事で紹介をしたいと思います!

大切なのは、 ☆★ 試験を合格するためには試験について知る ★☆  です!!

【概要】

・提供団体:独立行政法人IPA

・受験資格:制限無し

・受験料:5,700円

・受験形式:CBT方式

・試験時間:120分

・問題数:100問

・出題形式:四肢択一

・分野、配点:ストラテジ分野(約350点)、マネジメント(約200点)、テクノロジ(約450点)

・合格基準:合計600点以上(1,000点満点)かつ各分野3割以上の得点率

・合格率:50.4%(平成29年度)

 

【勉強方法】

~配点・合格基準に注意~

概要の通り配点は、

テクノロジ>ストラテジ>マネジメント という配点です。

絶対にテクノロジ分野で落とすわけにはいきません・・・!

勉強にかける時間は単純に、テクノロジ>ストラテジ>マネジメントの順でOKです。

ただし、各分野3割以上の得点をとらなければいけないので、例えテクノロジで満点、総合得点が600点を超えても、マネジメント分野で3割を切っていれば、不合格となってしまいます。

 

~各分野の勉強方法~

★テクノロジ★

上記の通り、3分野の中で1番配点の高い分野です。実際の問題では最後に出題される分野です。

範囲も広く、〈ハードウェア〉〈ソフトウェア〉〈システム〉〈ネットワーク〉〈セキュリティ〉〈データベース〉〈アルゴリズム・プログラミング〉

と分かれます。本当は各項目について解説していきたいところですが、今回はポイントのみ押さえていきます。

7つの項目のうち、重要なものをピックアップすると、〈セキュリティ〉〈ネットワーク〉です!

特にここの分野(暗記が多い)をしっかりと押さえておけば、ある程度(半分近く)テクノロジ分野は解けます。

「範囲が多くてポイントを絞りたい」と思ったら、特にこの二つを極めましょう!

計算問題については、進数計算(基数変換)は押さえておきたいところですね。

また高校数学の順列・場合の数を復習しておくと、1、2問稼ぐことができます。

 

★ストラテジ★

2番目に配点の高い分野です。

大きく分けると、〈企業活動〉〈経営戦略〉です。この分野は理系、文系、また職種に関わらず覚えておくと役に立つ内容が多いです!

この分野で厄介なのが、英語の略称です。例えば「CEO」。就職試験の一般教養などでもよく問われる言葉で、Chief Executive Officerの略で、「最高経営責任者」という意味です。分かりやすく言えば代表取締役、もしくは社長さんですね。 ITパスポートではこのようなアルファベット3文字で略称された言葉が約100単語ほど出てきます。そのうちの半分以上がストラテジ分野で出てくるので、ストラテジ分野に関しては、ほとんどが暗記になりますが、特にこのアルファベット3文字を覚えるのが、1番の近道だと思います。(簡単にまとめましたが、これが大変です・・・。)

 

★マネジメント★

最も配点が低い分野です。はっきり言ってしまえば、ここで失敗しても3割さえ切らなければ、ほとんど問題ありません。

ですが・・・、実はマネジメント分野が最も点数が取りやすいんです!(個人的分析)

内容はシステム開発に関するものなので、システムエンジニアやプログラマーを目指す人は、配点は無視して、しっかりと勉強すべき分野です!

さて、マネジメント分野で大切なのは「流れを理解すること」です。一つ一つの単語を断片的に覚えるというやり方だと、得点に限界が見えてきます。(体感的に8割程度)しかし、システム開発の流れを企画段階から開発、テスト、保守、サービスマネジメントまで理解していれば、満点を狙うことさえできます。そしてマネジメント分野をしっかりと勉強しておけば、将来SEやPGになったときに必ず役に立つでしょう。ポイントは「流れ」です。単語カードを作ってペラペラめくるのではなく、1枚の大きな紙に流れを何度も何度も書いて全体を見通しましょう。

大まかな「流れ」だけ紹介しておきます。

『企画』→『要件定義』→『開発』→「テスト」→『運用』→『保守』→「サービスマネジメント」

この「流れ」を軸にして肉づけをしていくのがコツです。根気よくがんばりましょう。

ただ、最初にも述べたようにマネジメント分野は最も配点が低いので、限界を感じたら「ある程度」だけやるだけでも問題ありません。

試験に合格するということだけ考えるなら、賢く勉強したいですね。

 

【最後に】

ITパスポートは近年大学や企業で注目されている資格であり、取得すれば報奨金や手当がつく企業であったり、持っていると受験に有利になる制度を設けている大学も増えてきています。

 

ITパスポートの勉強に関して、知りたいこと、質問、アドバイスがほしい!

等要望があれば、matsuda.r@tsudagakuen.ac.jp へお気軽にお問い合わせください(^^)

新着情報一覧へ戻る

カテゴリー一覧